メールでの
お問い合わせ
お電話は
052-877-9011

事例紹介

事例紹介

設置場所における事例をケースごとにご紹介します。

CASE1: 工場

防犯対策だけじゃない、作業効率もUP!

工場や倉庫の防犯対策は、屋内と屋外それぞれに対策を行うことが重要です。
屋内では、従業員の監視といった目的だけではなく、機械の稼働状況の確認や、作業現場の動きを監視することで、より安全に作業を進められる環境を作り出すことができます。
また、双方向音声機能の付いた機種ですと、作業現場と事務所などといった離れた場所からでも、リアルタイムに指示を出すことができますので、作業効率のUPも期待できます。

CASE2: 駐車場

盗難・車上荒らしを未然に防ぐ

自宅の駐車場、コインパーキング、マンションなど集合住宅の駐車場、あらゆるところで、車の盗難、車上荒らしの被害に遭われるケースが多数発生しています。
駐車場に設置する防犯カメラは、夜間の監視もしっかりできるように、赤外線暗視機能の付いたカメラが必要です。
また、防犯カメラ自体の存在がひと目で分かるように設置することで、威嚇効果を図ることも大切です。

CASE3: マンション

集合住宅に必要な防犯プラン

集合住宅の防犯対策は、個人的に行うものと、全体で行うものとに分けられます。
マンション・集合住宅の共用部分(エントランスや駐輪場・駐車場など)の防犯対策は、管理会社やオーナー様による総合的な対策が必要ですので、是非ご相談ください。

CASE4: 店舗

死角をなくす万引き対策

コンビニエンスストア、ショッピングセンター、家電店、衣料品店など、不特定多数の方が出入りする環境では、業種を問わず万引き被害は後を絶ちません。
また、商品を盗まれるだけではなく、お客様の安全を確保する事も出来ますので、安心してご利用頂ける環境づくりが可能となります。

CASE5: 公共・福祉施設

地域・施設の「安心・安全」の確保

地域の安全確保に無くてはならなくなった防犯カメラ。又、福祉施設等の管理や安全強化を目的として設置されるユーザー様が増加しております。防犯カメラを設置する事で、設置エリアの安全強化・人件費の削減等、休む事なく稼動してくれる設備設置をお勧め致します。

CASE6: 一般家庭

防犯カメラで安心して暮らせる環境に

「ホームセキュリティ」という言葉は、今や日常的に耳にするような社会になってしまいました。
生活は便利になり、生活環境も多様化している現代において、防犯対策の意識は高まり、自宅に防犯カメラを設置するケースが年々増えています。「備えあれば憂いなし」事件の前に設置をお勧め致します。